工事不要の「おうちのでんわ」は本当にお得?口コミを交えてメリットとデメリットを紹介!

工事不要の「おうちのでんわ」は本当にお得?口コミを交えてメリットとデメリットを紹介!

「おうちのでんわ」はソフトバンクが提供する固定電話サービスです。

電話料金が安くなると言われているけど実際はどうなのか気になりますよね。

「おうちのでんわ」が良いサービスかどうか判断するには、サービスのメリットとデメリットを知ることが重要です。

「おうちのでんわ」を契約する前に、メリットとデメリットをしっかり把握しておけば後悔することもありませんよね。

本記事では口コミを交え、「おうちのでんわ」のメリットとデメリットを解説しまので、ぜひ最後までご覧ください。

「おうちのでんわ」ってどんなサービス?

「おうちのでんわ」のサービスについて解説します。

「おうちのでんわ」は専用の「でんわユニット」と自宅の電話機を接続することで利用できる固定電話サービスです。

「でんわユニット」が受信した電波(LTE)を使用して、無線通信で電話を利用する仕組みになっています。一般的な固定電話サービスは有線ですので、特殊な仕組みですよね。

工事不要で電話が使い放題

通常の固定電話はモジュラージャック(電話線の差し込み口)と電話機を接続する開通工事が必要のため、開通まで1週間ほどかかることがあります。

「おうちのでんわ」は「でんわユニット」が手元にあれば即日電話を利用することができます。

ネット回線で例えると、NTTの固定電話サービスは光回線、「おうちのでんわ」はホームルーターのような感じです。

「でんわユニット」はコンパクトサイズで設置しやすい

「でんわユニット」はコンパクトなサイズで、部屋のどこに置いても邪魔にならないサイズ感です。

色々と試してみてご自身で最適な設置場所を模索してみてください(電波干渉が起こらない窓際などがおすすめです)。

サイズ(幅×奥行き×高さ):102.9×102.9×49.5ミリ
重さ:225グラム
通信方式:4G LTE(FDD-LTE):900MHz/2.1GHz
消費電力:最大3.1W
電話ポート数:1

幅が約10センチとそこまでスペースを取らないので、ミニサイズの机の上や棚の上に置いても問題なさそうですね。

簡単に解説しましたが、もっと詳しくサービス内容を知りたいという方は、下記の記事を参考にしてください。サービスの内容全体が分かるかと思います。

「おうちのでんわ」のメリット

メリット①:ソフトバンクエアーやスマホを契約中の方はお得に利用できる

「おうちのでんわ」は他社と比較してお得に固定電話サービスを利用することができます。

実際に契約した人の声は大変参考になりますので、いくつか料金に関して口コミを紹介します。

ご覧のように、料金に関しては「安い」「節約できる」といった投稿が見られます。「料金がお得と聞くけど実際どうなの?」と思っていた方は安心してください。

通話料金はソフトバンク提供の電話プランだとお得になる

「おうちのでんわ」は、ソフトバンクが提供する固定電話サービス、ソフトバンクスマホへの通話料は無料になります。

他社固定電話 全国一律8.789円(3分あたり)
おうちのでんわ/BBフォン/ホワイト光電話 無料
ソフトバンクスマホ 無料
ワイモバイル/他社携帯 17.6円(1分あたり)

ソフトバンクエアーとセットでお得になる?

ソフトンバンクエアーやソフトバンクで契約したスマホやタブレットなどを利用中の方が「おうちのでんわ」を契約すると、「でんわまとめて割」が適用され、ソフトバンクエアーの月額料金が永年528円(「おうちのでんわ」月額利用料金相当)割引されます。

「月月割」で「でんわユニット」の料金17,050円が実施実質無料になるのもお得ですね。

  「おうちのでんわ」のみ申し込み 「でんわまとめて割」適用
基本料金 1,078円 1,078円
でんわまとめて割 -528円
でんわユニット割賦金
(36回払いの場合)
474円×36回 474円×36回
月月割 -474円×36回 -474円×36回
毎月の支払い 1,078円 550円

ソフトバンクエアーの「Air 4G/5G共通プラン」利用中の方は「おうちのでんわ」が実質無料で利用できる

「おうちのでんわ」とソフトバンクエアーの「Air 4G/5G共通プラン」を一緒に利用し、「でんわまとめて割」が適用されることで毎月のソフトバンクエアーの料金から550円が割引され、「おうちのでんわ」の月額料金が実質無料になります。

ソフトバンクエアーユーザーの方は「おうちのでんわ」を契約して損はないでしょう。

メリット②:NTT回線に比べて料金が半額以下になる

ご覧のように、NTT光回線に比べて通話料が25.3円、基本料金が1,210円お得となり、月額の出費が半額以下になります。

「おうちのでんわ」は全国一律料金

NTTは、エリアによって通話料金が異なりますが、「おうちのでんわ」は全国一律料金のため、お得です。

おうちのでんわ 8.789円(3分)
NTT 市内:9.35円(3分)
県内市外:22円(3分)
県外:44円(3分)

メリット③:工事不要ですぐ電話を利用できる

先ほども紹介しましたが、「おうちのでんわ」は工事不要で「でんわユニット」と電話機を繋げばすぐに電話を利用することが可能です。

 

  「おうちのでんわ」のみの
お申し込み
「でんわまとめて割」
お申し込み
契約事務手数料 880円 880円→
「おうちのでんわ まとめてスタートキャンペーン」にて
0円
番号利用登録料 1,100円 1,100円→
「おうちのでんわ まとめてスタートキャンペーン」にて
0円
番号継続登録料 2,200円 2,200円→
「Air 4G/5G共通プラン限定!SoftBank Airとおうちのでんわでずーっと割引」にて
0円

「でんわまとめて割」に申し込みすると、「おうちのでんわ まとめてスタートキャンペーン」が適用され、契約事務手数料、番号利用登録料が0円となります。

ソフトバンクエアーをご利用中で「Air 4G/5G共通プラン」の方は、「Air 4G/5G共通プラン限定!SoftBank Airとおうちのでんわでずーっと割引」が適用され、番号継続登録料が無料になります。

メリット④:電話機、電話番号が継続して利用できる

「おうちのでんわ」では、従来使用していた電話番号がそのまま利用することができます。

回線工事が不要で自宅内どこにでも設置することができますし、今まで使用していた電話番号も継続して使用することができます。

もっと「おうちのでんわ」について詳しく知りたいという方は、下記の記事が参考になりますのでご覧ください。

この点も「おうちのでんわ」の大きな特長であると言えます。

メリット⑤:FAXを利用することができる

「おうちのでんわ」はFAXも利用することが可能です。仕事の関係で日常的にFAXが必要な方もいるかと思うので、そういった方には便利なサービスですよね。

FAXの送り方は一般的なやり方と異なり、相手先のFAX番号の前に「0009」を入れると送信することができます。

日常的にFAXを使用するという方は、「おうちのでんわ」でのFAXの送り方を押さえておきましょう。

「おうちのでんわ」のデメリット

デメリット①:停電すると利用ができない

「おうちのでんわ」は「でんわユニット」をコンセントで繋いで利用するため、停電すると利用することができません。その点は、NTTなどの有線接続方が安心感はあります。

しかし、今はほとんどの方が携帯電話を持っているのでそこまで影響があることもなさそうです。

デメリット②:通信が不安定な時がある

通常の固定電話と異なり、無線で電話を使用することになるので、場所や時間帯によっては電波が不安定になることがあります。

「でんわユニット」を設置する際は、ランプの色が緑(電波が良好)になる場所に置くようにしましょう。

仮に繋がらない場合は8日以内に解約する

設置してみたけど「でんわユニット」のランプの色がオレンジ(電波が弱い)や赤(電波圏外)しか点灯せず、電話が使用できない場合は、8日以内に解約を申し込みましょう。

下記の電話番号に連絡すると解約することが可能です。

電話番号:0800-1111-820(通話料無料)
受付時間:10:00 ~ 19:00(年中無休)

※一般電話、携帯・PHSよりご利用できます。

「おうちのでんわ」から以前使用していた固定電話サービスに戻す場合、費用が補填される

「おうちのでんわ」のサービスから以前利用していた固定電話サービスに戻す場合、戻す際の費用相当分を負担する「おうちのでんわ もしもサポート」が利用できます。

「おうちのでんわ もしもサポート」を使用する際は下記5点の条件を満たしている必要があります。

  1. これまでの電話番号を継続してご利用の場合で「おうちのでんわ」(以下「対象サービス」とします)にお申し込みいただいていること
  2. 対象サービスに他社電話サービスから電話番号継続でお申し込みされた方
  3. 対象サービスの課金が開始されていること
  4. 対象サービスのご利用開始日を1日目として8日以内に解約希望の受付をされていること
  5. 対象サービスの解約希望受付日から90日以内に、利用されていた電話番号で他社電話サービスが開通されていること

「おうちのでんわ」が繋がりにくいとお悩みの方も、「おうちのでんわ もしもサポート」があれば安心できますよね。

デメリット③:引っ越しする際の手数料が発生する

引っ越し先でも「おうちのでんわ」を利用する場合は場合によって手数料が発生します。

ただし、1番かかる場合でも3,300円なのでそこまで高くありません。

ご利用中の
電話番号
引っ越し時 引っ越し手数料 引っ越し手数料
(番号廃止)
合計
NTT東日本/NTT西日本の加入電話、
ISDNで発行された電話番号を利用中
電話番号変更なし
電話番号変更あり 1,100円 2,200円 3,300円
ソフトバンクが発行した電話番号を
利用中
電話番号変更なし
電話番号変更あり 1,100円 1,100円

デメリット④:解約金が発生する

「おうちのでんわ」を解約すると、解約金が発生します。

解約金は状況によって異なりますので、下記をご確認ください。

「おうちでんわ」契約時に新たな電話番号を取得した場合
→解約金1,100円※22年7月1日以降の契約者は0円
※電話番号は廃止になります
「おうちのでんわ」利用前からの電話番号を使っていた場合
→電話番号を廃止する場合2,200円※22年7月1日以降の契約者は0円
→他社サービスで電話番号を継続利用する場合1,100円

解約は下記の電話番号に問い合わせると可能です。

電話番号:0800-1111-820(通話料無料)
受付時間:10:00 ~ 19:00(年中無休)

※一般電話、携帯・PHSよりご利用できます

「でんわユニット」の料金完済後の解約がベスト

「おうちのでんわ」は契約期間の縛りはありませんが、「でんわユニット」の料金を完済する必要がありますので3年以上は使用するのが望ましいです(「月月割」適用のため、多くの方が36回払いを選択しています)。

解約すると「月月割」が適用されなくなりますので、「でんわユニット」代実質無料の恩恵を受けることができなくなります。

「サービスに不満があってどうしても解約したい」という場合を除き、3年以上使い続けられることをおすすめします。

まとめ

「おうちのでんわ」について、メリットとデメリットを把握していただけましたか?

簡単にまとめると下記のようになります。

  • ソフトバンクエアーやソフトバンクスマホを契約中の方は料金がお得になる
  • NTT回線に比べて月額料金半額以下になる
  • 工事不要ですぐ電話を利用できる
  • 電話機、電話番号が継続して利用できる
  • FAXを利用することができる
  • 停電すると利用ができない
  • 通信が不安定な時がある
  • 引っ越しをする際に手数料が発生する
  • 解約金が発生する

契約を検討されている方は、上記のメリットデメリットを把握しておけば後悔のない選択ができるかと思います。

ぜひ本記事を何度もご覧になって、慎重に検討してみてください。