2020年次世代通信5G実現はすぐそこ!ソフトバンクの取り組みを紹介

2020年次世代通信5G実現はすぐそこ!ソフトバンクの取り組みを紹介

第5世代移動通信システム「5G」
中国では2019年中にも大規模プレサービスが実現するとのニュースも飛び込んできました。
日本では、2020年のサービス提供開始を目指し、ソフトバンクに限らず、KDDI・ドコモ各社とも研究開発に取り組んでいます。

今回は、ソフトバンクの5Gについて紹介しましょう。

5th Generation “5G”

※SoftBank公式より

「5G」という言葉を、最近ニュースで取り上げられているのをご覧になったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

5G(ファイブ・ジー)とは5th Generation(第5世代)のことで、「第5世代移動通信システム」の略称です。

私たちが今スマートフォンやタブレットなどで利用しているのは「4G」で、第四世代移動通信システム。
5Gは、4Gの次の世代の通信規格ということになります。

この通信規格は、世界的に基準が定められ、ITU(国際電気通信連合)で導入方法を検証・決定しています。
日本では、総務省を中心に大手通信事業者(NTT・ソフトバンク・KDDI)や有意識者などが中心となっているのです。

5Gでは利用可能な電波(周波数帯)を増加し、2020年頃を目途に本格始動を目指しています。

5G通信速度の目安

1G 2G 3G 4G 5G
1G 2G 5G

一番の違いは通信速度。
世代交代をするにあたり、いかに進化を遂げてきたか、上記の例をみるとわかるでしょう。
5Gでは、1Gbps~50Gbpsの速度が実現することが予想されています。

-5Gの特長-

大容量・多接続・高速化・低遅延

これらの4つの特長を活かし、ありとあらゆるモノがネットワークに”つながる”時代がやってこようとしています。

VR・AR・MR

VR AR MR
仮想現実 拡張現実 現実と仮想現実の融合

VRは、聞いたことがある方も多いかもしれませんが、AR・MRは聞きなれない言葉ですよね。
これらの技術で、5Gの高速・大容量・低遅延を活かし、商品開発や科学研究・医療など、通信業界に縛られず幅広い分野での活躍が期待されています。
こちらに関しては、ちょっと想像しがたい未来図になりそうです。

ドローン活用

5Gの多接続と低遅延によって、コントロールが可能な台数や範囲が拡大し、宅配サービスをはじめとする物流への活用が期待できます。
ドローンの活用に関しても、Amazonなどの企業で実験的に行われているニュースを見ますよね。どのような形で実用化するのか、楽しみですね。

自動運転

5Gでの信頼度の高さ、低遅延の実現により、超高速通信で、リアルタイムで車を制御できる技術も。
これにより、隊列走行や完全自動運転の実現が期待されています。自動運転に関しては、ANAが羽田空港で自動運転バスを導入実証実験を行ったことなどで、先日ニュースになっていました。来年には自動運転の車に乗る未来が待っているのかと思うと、わくわくしますね。

商品管理(IoT)

5Gの多接続により、ショップに陳列されている商品の在庫状況をリアルタイムで把握できるようになります。更には、注文が入ってから自動発送を行うことも。
世の中の”モノ”がネットワークに繋がることで、人手不足の解消や効率化に大きく期待できます。

5Gに向けたネットワークサービス

Massive MIMO

massive_mimo※SoftBank公式より

2020年に本格的に商用化が見込まれる、超高速であり、大容量の通信を実現可能にする「5G」
Massive MIMO(マッシブマイモ)はこの5Gの有力技術の要素のひとつ。従来のアンテナ本数(FD-LTE・・・2本/TD-LTE・・・4本or8本)よりも大幅に増量した、最大128本の圧倒的なアンテナ本数を持ちます。

大量のアンテナとビームフォーミングなどの技術を活用し、ひとりひとりに専用の電波を割り当てることができるので、通信速度が遅くなりがちな駅や繁華街でも、ストレスフリーな通信速度を実現できます。

Distributed MIMO

Distributed MIMO※SoftBank公式より

Distributed MIMO(ディストリビューテッド マイモ)は、数ある基地局をひとつの基地局とみなすことができるようになります。それにより、基地局同士が連携するように。多重空間を、複数の通信路を基地局が協調しながら実現します。これによって、複数の基地局からの電波を利用できるだけでなく、電波干渉による低速化を防止することができます。

MultiUser MIMO/UL MultiUser MIMO

MultiUser MIMO/UL MultiUser MIMO※SoftBank公式より

MultiUser MIMO(マルチユーザー マイモ)/UL MultiUser MIMO(アップリンク マルチユーザー マイモ)は、MassiveMIMO(マッシブマイモ)技術を更に応用し、既にある基地局からもひとりひとりに専用の通信路を割り当てることが可能に。

NB-IoT

※SoftBank公式より

IoT=Internet of Things(モノがインターネットに繋がる仕組み)のために開発されたLTEの新技術、NB-IoT(エヌビーアイオーティー)。

身近にある、全ての「モノ」が通信する基地局からコアネットワークを経由でインターネットに繋がり、全国のソフトバンクの通信エリアで展開可能に。
低コストであり、尚かつ低消費電力でネットワークに繋がることができ、前述してきた自動運転や物流に限った話ではなく、無限の可能性が期待できます。

2020年東京オリンピックは5Gで

2020年の東京オリンピックを目途に、ソフトバンクに限らず、国を挙げて5Gの通信インフラ整備を推し進めています。

5Gの通信速度は、現在のLTEの約10倍の速度になることが見込まれています。
速さはもちろんのこと、大容量化・低コスト・低消費電力・人手不足解消・多数端末接続対応など、幅広いネットワークシステムが見込まれる5G。

2020年代は、通信量は現在の1000倍以上に増大することも予測されているようで、ますます5Gに期待がかかります。

ソフトバンクエアーも5Gで高速に・・・?

Softbankのワイヤレス置き型WiFiのソフトバンクエアー。
Softbankの携帯電話の電波を拾ってWiFi環境を整えるものです。

もちろん、2020年にソフトバンクの通信規格が5Gになれば、ソフトバンクエアーでも5Gに対応したWiFiルーターが登場するかもしれません。

Softbankの5Gプロジェクト、ますます楽しみですね。

NEXTのソフトバンクAirキャンペーン

CTA-IMAGE

当社NEXT限定のソフトバンクAirキャンペーンをご紹介いたします。


当社限定!ソフトバンクAirキャッシュバック!

現金33,000円キャッシュバック!

2日以内にSMS事前登録で2,000円キャッシュバック!


オプション不要で最短2ヵ月キャッシュバックいたします!
面倒な申請や手続きもないので、キャッシュバックの貰い忘れはありません。
もちろん公式のキャンペーンも適用されます。

ソフトバンクAir 最新情報カテゴリの最新記事